掩体壕
いつものように弟子屈から中標津方面へ向けて道道13号線を走っていると、町境付近で防風壁の合間から牧草地の中にドーム状の建造物がちらっと見えた。ん?あれは一体!?
何かの書籍かHPで見たことあるような気がするのだけど何なのか思い出せない。とりあえず車から降りて側まで行ってみることにしました。近づいてみると意外と大きい、コンクリート製で幅が20mくらい、奥行10m位はあるでしょうか。ぐるりと1周したり上に登ったり(怪しい人だ(笑))していると、地元ナンバーの車が止まり、老夫婦が降りてこちらに歩いてきました。刈り取り後の牧草地なので大丈夫だと思ったのですが、ひょっとして何かまずかったのか、叱られちゃうのかなぁと思っていたら.....おじさん「実はこれは飛行機を隠しておくための施設跡なんだよ」と。どうやらご夫婦は懐かしんでここに立ち寄られたよう。
堀純一さんの書籍に出てくる「ガリバートンネル」という表現がぴったり。いい天気だ
掩体壕(えんたいごう)と呼ばれるこの施設は、太平洋戦争中に軍用機を隠して空襲から守るために造られたもの。今は牧草地が広がるこの一帯も当時は旧陸軍の計根別飛行場があり、施設の一部としてこの掩体壕も使用されていたのだそうです。国道を挟んだ反対側には格納庫跡らしいものも残っています。
戦時中に造られたものということは、私が北海道を旅するずっと前からここにあったわけで...毎年のように北海道に来てこの道を何度も走っているというのに10年以上も気づかないとは。(2003年記)