トップページぶらっと北海道>津別峠のお城
津別峠のお城
津別町と弟子屈町のちょうど境にある津別峠にお城の形をした建物があります。もちろん、本物の城なんかではなく城の形をした展望台です。なんでも中世ヨーロッパの古城をイメージして造られたとか。北海道だと日本の城よりも西洋の古城のほうが似合っているように思います。
2001年に訪れたときは、施設内にチューリップの「心の旅」がBGMとして流れていて、2人のおじさんの従業員がいました。それが建物と非常にミスマッチしていておもしろかったのですが、今回(2002年)訪れると音楽は流れておらず、従業員も若いお姉さんに変わっていました。やはり不評だったのでしょうか。
屈斜路湖の展望といえば、湖の北西にある美幌峠(490m)や北東にある小清水峠(725m)が有名ですが、ここ津別峠は湖の西側にあるので、他の展望台とはまた別の湖の姿を見ることができます。ただし、標高が947mと展望台の中では最も高い所にあるので、他の峠では湖が望めるのに、ここは霧で見えないということも度々あります。(2002年記)
展望台から屈斜路湖を望む。中央の島は中島