トップページぶらっと北海道>陸の中の岬 宮嶋岬
陸の中の岬 宮嶋岬
岬といっても、ここは海から離れた釧路湿原の奥にあります。約1万年前、釧路湿原が海だった頃に岬であったことからその名がついているのです.....と別項「陸の中の岬 キラコタン岬」と同じ文章であることに気づかれた人もいるかもしれませんが、それもそのはず、宮島岬はキラコタン岬の隣にあるのです。北海道の地名というと、カタカナのものはアイヌ語そのまま、漢字のものはアイヌ語に日本漢字を(無理矢理?)充てたものが一般的ですが、この岬の名は大正時代にこの地に入植した人の名前がそのまま付いています。富か権力があったのか、よほどの功績を残した人なのでしょうか。興味のあるところです。
林道脇に車を停めて岬へ続く道に入ります。周囲が拓けた道を歩くキラコタン岬と違って、こちらは岬の先端までひたすら森の中が続きます。天気の良い日だといいですが、曇っていたりしたら暗くて一人で行くのはちょっと怖いかもしれません。
歩いていると、所々道の真ん中に馬の糞が残されていました。おそらく乗馬トレッキングツアーをやっている近くの牧場の馬のものでしょう。馬って動物の中では貴族的な生き物のように扱われていますが、排泄にかけてはだらしないようです。周りの景色を堪能しながら歩きたいのですが地雷のような糞を踏んでしまいそうで気になって...困ったものです。
1時間ほどで先端部に到着です。他の有名な展望台は湿原の端に位置しますが、ここは湿原に入り込んだ高い所にあるので、景色は格別です。湿原の中にいる丹頂鶴が見られるときもあります。せっかく来たので昼寝をしていこうと思ったのですが、アブのような羽虫がたくさんいて、体を動かしていないとすぐに刺しにくるので、ゆっくりする間もなく撤収することにしました。以前来たときにはいなかったのですが...。
岬からの眺望
この岬にもリゾート開発が計画されているという話をとある本で見かけました。近くを通っている林道もそれ用に作られたとか。確かに、ここは釧路湿原付近の観光地としては一等地でしょう。しかし、湿原に流れ込む川のすぐ上流にそのような施設を作って10年先、20年先に湿原は今のままの姿を保てるのでしょうか?観光資源を失ってしまっては元も子もないはず...。いつまでもこの姿であってほしいものです。(片道:55分)
※宮島岬は1967年に天然記念物に指定されており、岬へ行くための道も私有地であるため、基本的に立ち入るには許可が必要です。