トップページぶらっと北海道>陸の中の岬 キラコタン岬
陸の中の岬 キタコタン岬
岬といっても、ここは海から離れた釧路湿原の奥にあります。約1万年前、釧路湿原が海だった頃に岬であったことからその名がついているのです。以前は何時間もかけてやっとたどり着けるような場所だったようですが、現在は近くまで林道が通っているので、徒歩1時間足らずで行くことができるようになりました。
台風が北海道を通過した翌日、岬へ向かいました。台風の後ということで天気は快晴、まさに湿原日和といったところでしょうか。(^_^) 林道脇にバイクを停めて拓けた平坦な道をしばらく進みます。途中からは森の中へ。夏の強い日差しを木々が和らげてくれます。その森を抜けると岬に到着です。
他の展望台と違って、湿原の中を蛇行する川をすぐそばで見ることができるのがこの岬の魅力です。目の前を流れるのはチルワツナイ川。音も立てずに静かに流れるこの川は湿原が湿原であり続けるために絶え間なく水を供給しています。
いつものように寝ころんでぼーっとしたいところですが、人の訪れた痕跡が残るのはこの場所にふさわしくないような気がしたので、そのまま帰りました。いつまでもこの姿であってほしいものです。(行き、帰りとも30分)
※キラコタン岬は1967年に天然記念物に指定されており、また、岬へ行くための道も私有地であるため、基本的に立ち入るには許可が必要です。