神威岬
1996年に神恵内村への国道が開通するまでは知床に次ぐ最果ての地だった積丹半島にある岬で、神威と書いて「カムイ」と読みます。岬付近の海は航行の難所で、女の人を船に乗せて通過しようとすると必ず海が荒れて沈没してしまうことから、約150年前(1856)までは女人禁制だったそうです。それを伝えるように駐車場からなだらかな坂を上ったところにある門には「女人禁制の地」と書かれた板が掛かっています。門を抜けると視界が一気に広がります。
岬先端までは遊歩道が整備されていて、アップダウンを繰り返しながら進みます。道が尾根づたいに続いているので眺めは最高。透明度がかなり高いらしく崖下の海の底もきれいに見えます。30分ほど歩き、灯台を越えると先端部に到着です。海の先に見えるロウソクのような細長い岩は神威岩。岬から見ると小さく見えるのですが、実際は40mもの高さがあります。ということはそれを支える海面近くの平らな部分もかなり広いことになります。以前は近くのYH(ユースホステル)で、船に乗ってその平らな部分に行くツアーもあったとか。近くで見るのもいいですが、夕暮れ時にロウソクのような神威岩にに火(陽)が灯されるのを一度見てみたいものです。
この遊歩道は1994年に完成したのですが、それまでは途中に手堀トンネルのある海岸沿いの険しい道を通って岬へ行っていたそうです。現在、その旧道は通行止めとなっていますが、どのような所なのかとても気になります。