越川橋梁
斜里町と標津町を結ぶ国道244号線を走っていると、途中の根北峠を少し斜里側(北側)に進んだ付近で、道路を横切る形で建っているコンクリートの造形物が現れます。これが越川橋梁です。正式名称は「第一幾品川橋梁」といい、旧国鉄根北線を通すために昭和14年に造られた長さ147m、高さ21.6mある10連アーチ橋で、道内で戦前に造られたコンクリートアーチ橋では最大のものです。根北線は昭和32年に斜里〜越川間が開通しましたが、その後もここまで線路は延びることもなく昭和45年に廃線となったため、この橋は一度も列車が走ることもなくその役割を終えました。道路部分(中央部)に橋脚が2本ないのは、その後の国道244号線の拡張工事の際に撤去されたためです。
一方で、道内の幹線道路やトンネルの例に漏れず、「タコ」と呼ばれる日雇い労働者達が非人間的な扱いの中で働かされ完成した橋としても知られています。過酷な労働による死者は十数人。コンクリート製の橋脚には労働者が人柱として埋められたという噂も。(1994年記)
シーズン中は木々に覆われ、国道からだと橋脚の一部しか見えないこのコンクリート橋も、冬になると葉が落ちて橋がよく見えます。さらに、積もった雪をラッセルして道路から少し離れたところまで行くと、上の写真のような全容が望める所も。(2006年追記)