ぷよぷよ浜
北海道川上郡弟子屈町の屈斜路湖畔にあるとても小さな浜。天然記念物のマリゴケ(※)が砂浜だけでなく、砂の下にもたくさん埋まっていて、浜を歩くと「ぷよぷよ」することから、近くの宿へ来る旅人がこの名前をつけました。浜からは人工の建造物は何も見えず、聞こえるのは波の音だけ。その波に揺れるマリゴケを見ながらぼーっと過ごせる、そんな場所です。ただ、人は全然来ないので、昼間はともかく、夜は怖くて一人ではとても行けません。クッシーに襲われるかもっ。
場所は、一般道をそれてぬかるんだ未舗装の道路をしばらく行ったところにあります(左上写真)。浜の反対側には、名もない小さな沼があります(左下写真)。写真を見ておわかりのように浜の入口から先へは、道路が崩れているので、車では進むことはできませんがバイクや徒歩だとさらに奥へ行くことができます。せっかくなので進んでみることに。浜から数百メートル進んだところで橋が落ちて行き止まりになっていました(写真右下)。橋は木製で、かなり昔に作られたものと思われます。大正13年に屈斜路湖を一周する道路が出来たので、もしかすると開通時の橋そのものかもしれません。
※マリゴケ
特別天然記念物のマリモは、シオグサ属の緑藻植物から形成されていますが、マリゴケはホソヤナギゴケなど数種類のコケが波の揺れによって1〜10cmぐらいの球状にとなっているものです。マリゴケは昭和44年7月11日に町の天然記念物に指定されており、日本では、屈斜路湖と福島県の猪苗代湖の2箇所が形成地とされています。