トップページ>リンク

リンク

北海道旧道保存会HP 「裏サンドウ 喫茶室」

北海道旧道保存会は、北海道の歴史の一端でもある「旧道」を自分達の足で歩くことに情熱を燃やす方達が結成したグループ。ホームページでは道内各地の旧道探索レポートやエッセイ等、活動の一部が紹介されています。堀淳一さんの著書が好きな人に特におすすめ。

Bike de ふらっと

BMW R1150-GSに乗る滋賀のT.O.さんのホームページ。ライダーの読者からの投稿や自らのレポートで、ツーリング情報が充実しています。

UNLIMITED FREESTYLE GALLERY

バイク雑誌「outrider」の通信員、おおたかさんのホームページ。ツーリングレポートの中にちりばめられた珍品や珍物件、グルメ情報は気になるものが多々あり、北海道旅が多い今日この頃、他の地域にも行ってみようかという気にさせてくれます。掲載された記事だけでなく、ボツになった記事も見られるのがいいですね。

A Tour Around The Japan

XELVISと同じVTシリーズのVTR250に乗る長崎のカッシーニさんのホームページ。九州・四国・中国と広範囲にツーリングを楽しまれ、現在は五島列島に在住中。現地の旬の情報に期待。(*更新休止中)

NOM's World

XELVISの前はVT250Fと2代続けてVTシリーズに乗る栃木のNOMさんのホームページ。北海道・甲信越地方の温泉情報が充実しています。(※更新休止中)

旅人宿

ましゅまろ

北海道の摩周湖の近く(弟子屈町)にある旅人宿。霧で有名な摩周湖が近くにあり、観光バスのいない早朝・夜にちょいと散歩(散車!?)がてら行くことができます。宿はJR美留和駅のすぐ近くにあるので鉄道を利用して旅する人にも便利。道東の山を登りつくしているオーナーは、観光だけでなく山にも詳しいので、周辺の登山を考えている人はアドバイスを受けてみては。

のんき舎

北海道の屈斜路湖の近く(弟子屈町)にある旅人宿。無料露天風呂「コタンの湯」が近くにあるだけでなく、宿の風呂も温泉、さらには宿主手作りの露天風呂もあったりと、温泉好きにはたまりません。レンタルMTBで、元旅人チャリダーで自転車整備にも詳しいオーナーおすすめのコースを走ってみるのもおすすめ。(*休業中)

ちろんぬっぷ

北海道河東郡上士幌町にある旅人宿。宿の中は中島みゆきさんとネコでいっぱい。(笑) 熱気球のパイロットの資格を持つオーナーがフリーフライト気球体験の企画をされています(ぶらっと北海道「早起きは30分の気球」に記事)。糠平や然別等の周辺めぐりの拠点としていい位置にあります。

ボンズホーム

北海道斜里郡斜里町のウトロにある旅人宿。併設する喫茶店で食べられる人気の栗じゃがいも料理ももちろんですが、やはりおすすめは宿運営の知床自然観察船。世界自然遺産に指定された知床の自然を安全な海上からのんびり観察することができます(ぶらっと北海道「知床自然観察船1」に記事)。知床観光の拠点にするのもいいかも。

休坂

北海道釧路市にある旅人宿。昔の下宿屋を利用した宿で、夜は宿、昼から夜にかけては宿の居間でカレー屋さんをやっています。ここのおすすめはなんといってもスープカレー。あちこちで機会あるごとにスープカレーを食べていますが、未だここより美味しい店はありません。

バイク関係メーカー

GIVI

バイク用のスポイラースクリーンと荷台に取り付けるハードケースで有名なイタリアのパーツメーカー。特定の車種ではエンジンガードの取扱いもしています。HPでは、車種別にどのような商品がラインナップされているか検索することができますが、下記のデイトナのGIVI製品のページのほうが見やすさは上。デイトナのラインナップにない車種用の製品を発注する際の確認用にどうぞ。

デイトナ

バイク用オリジナルパーツの販売をしている会社。GIVI製品(スクリーン、ハードケース、エンジンガード等)の輸入・販売を行っているもう一つの会社でもあります。通信販売で購入することも可能。メールでの問い合わせにも親切に回答してくれるところが良いです。納期が早いのも魅力。

Krauser

バイク用の荷台に取り付けるハードケースで有名なドイツのパーツメーカー。GIVIのような低価格の商品がないのが残念なところですが、ケースの形状がより角張っているので、荷物の詰め込みやすさはこちらの方が上かも。

モトコ

上記のクラウザー製品の輸入・代理販売を行っている会社。クラウザー製品を取り付けたいけれど、自分のバイクに適合する取付用基台が製品ラインナップにないという人のために、特別注文での基台制作販売もしています。

メタルスピード

バイク(VTシリーズ)の「速くなる」チューンをするショップ。ゼルビス向けのターボ化キットやマフラー等のオリジナルのパーツを製作・販売しています。ツーリング向けのゼルビス、快適チューンをしてくれる店がどこかにあれば.....。

サインハウス

レオビンチ製マフラーその他、いろいろなバイク向けの部品を扱っている会社。FAX注文&代引き支払いによる通信販売も可能です。担当者に伺ったところ、2週間おきに発注していて、納期は発注してからおおむね2週間〜1ヶ月とのことでした。トランザルプのアフターパーツの取扱をしてくれる会社が増えるといいですね。

ライダーのサイト

Riding Everywhere

赤のトランザルプ650Vと600V、400Vに乗る東京のみさぷぅさんのホームページ。3台も所有するだけあってインプレッションやタイヤの選び方等、とても参考になります。このHPがなかったら、私がXL650Vに乗ることはなかったでしょう。サイトの更新は停止していますが、掲示板は今も健在。トランザルプのことで知りたいことがあればそちらへどうぞ。(※更新休止中)

Sobue's Photo Gallery!!!

希少カラー、赤のトランザルプ650Vに乗るJack Sobueさんのホームページ。650Vの購入を検討しているときに何より困ったのが情報の少なさ。当時はここのHPの画像とインプレを穴があきそうなくらい拝見させていただいたものです。(※更新休止中)

オフ系ツアラー分科会

トランザルプ650VとBMW-K100Rに乗る東京の松本信男さんのホームページ。インターネットが普及する以前、パソコン通信が情報交換の場として盛んだった頃からその名前をよくお見かけした松本さん。トランザルプ関係の疑問・質問は、上記Riding Everywhereのトランザルプ掲示板かこちらの掲示板にどうぞ。

禄太郎庵

サングラスが似合う福岡の元トランザルプ400V→TDM900乗り...だった禄太郎さんのホームページ。HPでは隠れたおすすめスポットを中心に九州北部の情報を紹介されています。私のお気に入りは長崎県の笑える奇岩。ツーリングマップルに掲載されていないのが不思議なくらいの物件です。当HPのリンク先個人ホームページで未だ更新が続く数少ないサイト。お互いがんばりましょう〜。

のんびりDAX

daxとcubのレストアに励む千葉のdd-daxさんのホームページ。「レストア考察」のページはdaxのレストアを考えている人には参考になるはず。(※更新休止中)

徒然なるままに・・・

ウン十年の間、毎年欠かさず北海道ツーリングに行かれているという、BMW K1200LTとHarley-Davidson Road Kingにお乗りのLT & road kingさんのホームページ。HPでは多趣味を紹介。(※更新休止中)

宿泊情報等

とほネットワーク

北海道を中心(本州にも何カ所か点在)とした旅人宿の集まり「とほネットワーク」のホームページ。旅を楽しむ人が集まる宿で、宿を経営するオーナーも旅好きな人ばかりなので、旅の話がはずみます。とはいえ、宿によって設備や雰囲気は千差万別なので、リンク先の個々の宿のホームページであらかじめ確認してみると良いと思います。基本的に男女別相部屋で宿によっては追加料金プラスで個室対応可のところもあります。料金は1泊2食付きで4,500〜6,500円位。

日本ユースホステル協会

清く健全がイメージだった旅の宿、ユースホステル。時代の流れとともにその姿も変わってきています。おしゃれなペンション、ちょっと違うのは部屋が男女別相部屋ということくらい。YH料金は1泊2食付きで¥4,500〜6,500円位。さらに少し(1,000円位)料金が高くなりますが、現在はほとんどのYHで個室対応が可能になっていますので相部屋が気になる人はそちらを利用することもできます。最近は宿泊料の安いビジネスホテルがたくさんあるので料金面でのメリットはほとんどありません。泊まり合わせた人たちとちょっと交流してみるのもいいかな、と思う人はこちらへ。

ライダーズイン

高知県内に5カ所(室戸市、物部村、梼原町、中土佐町、十和田村)あるライダー向け宿泊施設。ライダー向けというだけあって、交流棟にライダー同士が語らえるスペースが設けられていたり、宿泊部屋のすぐ前に洗車機能付きバイク駐車場があったりと、痒いところに手が届く造りとなっています。もちろん、チャリダーや一般の人でも利用できます。料金は素泊まり2,000〜3,000円位。簡素な造りなので寒い時期の利用は慣れていないとちょっと厳しいと思います。

サイクリングターミナル(JCA 日本サイクリング協会)

北海道から九州まで全国に25ヶ所ある自転車乗りのための施設。車やバイク、徒歩でも泊まることができます。地方公共団体等が建設・管理運営を行っているので、一定の水準の施設に泊まることができます。料金は1泊2食付きで6,300円から。リンク先ページの「メニュー」>「サイクリスト情報」をクリックするとサイクリングターミナルの情報があります

公営国民宿舎ホームページ

国民宿舎は北海道から九州まで全国に156ヶ所あり、都道府県や市町村が年金積立金還元融資を受けて建設し運営しているので、安心して泊まることができます。料金は1泊2食付きで6,000〜8,000円位。

休暇村ホームページ

北海道から九州まで全国に36ヶ所ある宿泊施設で、すべて国立・国定公園の自然の中にあります。かつて、都道府県や市町村が運営していた国民休暇村(当時6,000〜8,000円)が公益法人化された施設で、宿泊料金が1泊2食付きで10,000円前後に値上がりしましたが、それに伴いリニューアルされた施設が多く、ちょっとぜいたくな気分で過ごせる宿泊施設となっています。HPで登録するとインターネットから宿泊予約することもできます。

健康ランド、サウナ、カプセルホテル、安宿宿泊のススメ

全国に数多くある健康ランド(スーパー銭湯)は多種類の風呂と飲食設備を備える施設で、中でも24時間営業をしているところでは、ほとんどで仮眠室が用意されています。宿のようにチェックインの時間がないので、夜遅くまで移動して眠くなったらそこに入って寝る、という使い方ができます。料金は2,000〜3,000円くらい。リンク先のホームページでは他にも種々の安く宿泊できる施設を紹介しています。

社団法人全日本トラック協会

トラック協会の運営するトラックステーションは、日本中の国道沿いに点在(39ヶ所)し、食事と入浴設備があります。施設によっては仮眠ができるところもあります。もちろん、一般の人も利用できます。

東横イン

北海道から沖縄まで全国にあるビジネスホテル系宿泊施設。格安ではありませんが、そこそこの値段とそこそこ満足できる宿泊料金で、ベッドと浴室の湯船が広めで清潔感があるのが良いところ。1泊シングル\5,000から\7,000位。どの店舗も朝食が無料で付いています。地方では夕食にカレーライスの無料提供をしているところがあったり、店舗によっては朝食が簡単なバイキング形式となってきています。女性専用フロアが用意されている店舗もあるので、女性の一人旅の方でも利用しやすいと思います。

スーパーホテル

北海道から沖縄まで全国にあるビジネスホテル系宿泊施設。多人数割引(\2,240/人〜)もあり、ビジネス以外の利用も考慮されています。宿泊費は抑えて夕食は街に繰り出して地元のものを。そんな利用の仕方にはぴったり。1泊朝食付きでシングル\5,000から\9,000位。部屋は窮屈なので寝るだけで十分という人にはおすすめ。でも、東京23区内の店舗は料金が相当高くなるのでおすすめしません。

アワーズイン阪急

東京のJR京浜東北線&りんかい線大井町駅前から徒歩わずか1分のところにあるビジネスホテル。交通の便が良いところにあって1泊\5,500の安めの宿泊料金と最上階フロアの広い展望風呂が魅力です。難点は、禁煙者の対応が不十分なところ。予約時に禁煙室の希望を一応聞いてくれるものの、先着順のため、チェックインが遅くなると喫煙室になってしまう可能性が高いのは改善してもらいたいです。部屋と部屋の間の壁が薄いようで遮音性も今一歩。

Oホテル豊岡

兵庫県豊岡市のJR豊岡駅前にあるビジネスホテル。「オーホテル」と読みます。オープン(2006年)して数年のホテルなので設備が新しく、禁煙部屋があるだけでなく、ロビーも禁煙(喫煙室あり)なので清潔感があって良いです。1泊シングル\5,800。無料にしては豊富なメニューの朝食がおまけで付きます。城崎温泉からも近い(電車で2駅、約10分)ので、こちらを宿にして周辺観光をするとリーズナブルな旅ができると思います。

山川温泉旅館くりや

鹿児島県揖宿郡山川町にある格安温泉宿。値上がりして今は1人だと1泊朝食付きで\3,050(新館だと\3,900)となり、「日本一安い」の看板は下ろしましたが、それでも格安の料金設定は魅力。兼営するボリュームたっぷりの料理が出てくる食堂のほうもおすすめ。

NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本

日本道路公団 (JH) の民営化により発足した高速道路会社3社。東日本、中日本、西日本の3区域を管轄し、それぞれのホームページでは高速道路の料金検索や区間距離、所要時間、サービスエリア・パーキングエリアの位置・名物料理等がわかります。SAやPAの中には、宿泊施設や風呂、コインシャワー、コインランドリーなどの設備が整っている所があります。長距離移動をするときなど、高速道路を下りずにそれらを利用できるのは便利ですね。